浅知恵を絞る

主にフリー乙女ゲームの感想をのっけてます。

DIABOLIK LOVERS ドS吸血CD Vol.6 逆巻シュウ 感想

「DIABOLIK LOVERS ドS吸血CD Vol.6 逆巻シュウ」
公式サイト:「DIABOLIK LOVERS」ポータルサイト
レーベル:Rejet
声優:鳥海浩輔さん

 

9月上旬に旅行に行ったのですが、暇つぶしに入ったゲオで何と中古シチュエーションCDが投げ売りされており、欲望の赴くままに十数枚買い散らかしてしまいました……。
そんなわけで(?)2012年発売、有名どころド直球が過ぎるディアラバシリーズの無印、長男編の感想です!昨日の晩寝かけながら聞いてたんでかなり適当です、ごめんなさい。

 

コアなファンの多い作品ですのでまずわたしのディアラバ知識について記しておくと、アニメ1期視聴済、モアブラは出た当初ルキ・アズサ・アヤトを借りて聴きましたがかなりうろ覚えです。ゲームは無印を購入しましたがライトとスバルしかやってません()。

古い作品にたまにあるぽいんですが、ディアラバ無印は全部トラック分けがされてません。途中から聴き返したくなったときにちょっと不便……。取り込んだ時に見た感じだと1枚につき40〜55分?くらいです。

 

ざっくりあらすじを書こうにも暴言と吸血しかされてないんでだらだら書きます(?)

雨の日、傘を忘れた主人公(聴き手)。シュウを見つけますが彼も傘を持っていないらしく、雨宿りを提案するもすげなく断られます。じゃあ走って帰ろう、と言うと彼は走るのもだるい様子。
これは第六弾なので説明が省かれてるんだと思いますが、一応主人公は逆巻家に居候しているという設定です。帰る道が同じなので一緒に帰ろう、ということですね。
アニメだと学校が遠いため兄弟まとめてリムジンで通学してたと思うんですが(たぶん)、ここらへん原作は違うんですね……。

 

雨なのにフラフラした雰囲気のシュウを放っておけない主人公は引き下がります。しかし、シュウは水たまりの中に主人公を突き落とし、手を思い切り踏んづけます。
いや、なんだこいつ…………。

このCDで珍しいなと感じるのは、初めから主人公→シュウの好感度がマックスなことです。ここまで酷い目に遭っても主人公はシュウの身を案じ、彼を引っ張って走って家まで帰ります。一方でシュウからの好感度はマイナスなわけですが……。
なんというかこの時点で、気分はドS吸血CDというより「要介護DVおじいさん(CV.鳥海浩輔)」です(暴言)

 

何とか帰宅した2人ですが、シュウは風呂にも入らず寝る!と自室に戻ります。お前は反抗期の中学生男児か。
風邪を引くから、と主人公は着替えを強要しますがシュウは聞く耳持たず。そんなに着替えさせたいなら勝手に着替えさせれば、と言われ、主人公は何とシュウを脱がす暴挙に出ます(!?)
しかし脱がせている途中にだんだん恥ずかしくなり、動きの止まる主人公。そんな彼女にシュウは「自分を脱がせたんだからお前も脱げ」と言い、人肌で温め合うことに……。(以下濡れ場につき略)

 

いや書いてて突っ込みどころが満載で申し訳なさがすごい(!?)
いつもディアラバを聴いていると途中で具合が悪くなるんですが、それでも見つけて安いと買っちゃうのなんなんでしょうね。声以外全然好みにかすらないのに聴いちゃうのオモロすぎですよね……。

 

濡れ場半分寝かけてたんで箇条書きでツッコみます。ネタバレ容赦なくしてます。

 

・上に書いたように、主人公のシュウに対する好感度が高すぎます。いいところになってもシュウに「醒めた」と言われ、吸われたいなら他の兄弟のところに行けと言われても彼女はシュウのところに居座ります。正直言って聞き手側の感情が置いてけぼりだなと感じました。

・キャラクター側から痛いことをされるのはまだ平気なんですが、自発的に首をナイフで切るよう命令され、(浅い傷ながらも)自傷するシーンはちょっとかなり引きました(˙◁˙)

・全体通して、聞き手側(主人公)の言葉を反復することが多く、聴いていて違和感を覚えました。これは古めのシチュCDによくあることぽいので古参の方は気にならないと思いますが参考までに……。

・このCDでは両思いにはなりません。完全に主人公→シュウの一方的な依存に終わります。ちなみにモアブラやそのあとを聴いてないので幸せになるかどうか私は存じません()

・序盤の雨のシーンの尺がまあまあ長く、吸血CDの割に吸血シーンはかなり少ないです。無印はライトも聴きましたが同様に吸血シーンが少なかったです(モアブラではもう少し増えてたような覚えがあります)。


有名な作品の初段ということで、ここから聴き始めてみようかなという方もいらっしゃると思うのですが、素直にオススメしません。
じゃあゲームならいいかと言うと、ゲームもストーリーがあるというより小話を詰めて無理やりEDを引っ付けた感じなのでこれもあまりやる意味はありません。
ディアラバに関しては(最新作のCM等見ると)シリーズが新しくなればなるほどキャラ→聞き手の愛が増しているように見受けられます。キャラ設定だけ頭に入れて、新しいものから聴くことを私はオススメしたいです。