浅知恵を絞る

主にフリー乙女ゲーム/シチュエーションCDの感想をのっけてます。

AMNESIA 感想

2013年ごろの乙女界隈では「うたプリアムネ薄桜鬼」がかなり必修科目的な感じだったと記憶しています(?)
そういや評判はよく聞くけどアムネシアやったことないな〜と思い立ち、2日間でプレイしました。

 

攻略順について

シン→トーマ→ケント→イッキ→ウキョウの順で攻略しました。三角関係の当て馬に同情するタイプなので、シンをやった後すぐトーマを攻略し、好みだったのでケントを先に、そして1番タイプとは遠いイッキを最後に、隠しキャラのウキョウへ……ってな感じです。
各ルートごとにキャラクターの設定が異なるので、誰からじゃないといけない、というのは無いと思います。1番色んなキャラクターと触れ合うことになるのはシン(と攻略制限が付いているウキョウ)、逆に他のキャラクターがあまり出てこないのはトーマです。

 

シンルート

全体を通してサスペンス要素が強かったです!特に伏線が多く、またそれに後から気づいてなるほど……と納得させられてばかりでした。
一方で甘さもしっかりあります。シンは主人公を甘やかしてはくれないんですが、大好きなことだけは行動でめちゃくちゃ伝わってきました。また、年下キャラでありながらも行動は冷静・合理的でイライラせず、年下のおいしいとこだけある!みたいな感じです。
スチルは出てきてほしいところで出てきます。顔の作画で少し気になる面はありますが、めちゃくちゃ崩れているわけではないです。
記憶喪失については早い段階でバレるので、それを隠すスリリング……といった要素はシンルートにはほぼありません。

※以下ネタバレあり
シンルートはとにかく謎解きがつきまといます。主人公の事故は本当に事故なのか?事件性があるなら、誰が犯人なのか?犯人が判明したとき、どうやって証拠を掴むのか?どんどん出てくる新しい疑問に、シンは回転の早い頭ですいすい解決していきます。
彼は非常に言葉尻が冷たいですが、ハッピーエンドのスチルでめちゃくちゃ胸が苦しくなりました。大事な人を傷つけてしまったことに、何も感じていないわけじゃないことがはっきり分かる、文句なしの良シナリオでした。
主人公に男として意識されたい、という年下らしい焦りが垣間見えるのも萌えます。
また、彼の場合はノーマルエンドも結構甘く仕上がっているのでBADが苦手なオタクも回収推奨です◎

 

トーマルート

トーマルートとシンルートはかなり対になっている印象を受けました。シンルートは一通り主要キャラが出てきますが、トーマルートはほとんどトーマと1対1で、彼を相手にどう立ち回るか、というのが鍵になります。
スチルが不遇な印象を受けました。何となく寄り目気味……?1番作画がいいのが1番最初に出てくるスチルって……と思わずツッコミたくなります。また、幼少期の記憶等で枠を取られているため体感他キャラに比べてスチルが少なく感じました。

※以下ネタバレあり
ネタバレなしで語るの難しい……!!
まず、シンと対になっていると書きましたがこれは良くも悪くも、というより悪い面が強いです。シンルートが文句のつけようがない良シナリオだったために、それと対にしようとなるとまあ必然と……。
かなり早い段階で軟禁されるため、他キャラクターと顔を合わせることが滅多にありません。主人公がバイトに行かないのも、記憶喪失前に攻略キャラと恋仲ではないのもトーマルートだけです。
また、トーマの良さを私は「主人公のことを異性として好いていながらも、シンと主人公、2人の兄でいることを捨てきれない」点にあると思っていたのですが、トーマルートでの彼はシンをあっさり切り捨ててしまいます。
シンルートで、シンはトーマを追い詰めたことに(感情発露が少ない彼が)泣くくらい苦しんでいたのに、トーマは別にそんなことない、というのが引っかかりました。一方で、シンルートで感じた彼の嘘のうまさ、何枚も上手を行く恐ろしさも軽くなっているように思いました。
キャラクターとしては非常に立っているのに、それを活かせていないシナリオだなと感じます。さらに、ネタバレなしゾーンで書きましたが彼は幼少期の姿で2枠、監禁して檻に入れるシーンで2枠、下着を買いに行くシーンで1枠スチルを取られているため恋愛シーンがとても少ないです。

 

ケントルート

一番乙女ゲーらしいシナリオでした……!全体通して見たら一番甘いと思います。あと主人公があんまり(?)死なない。とにかく理系男子が好きな女なのでメガネの理系大学院生というだけで好感度が3億くらいあったんですが、それを差し引いても良シナリオです。
ケントルートは主人公が記憶喪失であることが上手く活かされていました。主人公が記憶を失ったことをきっかけにケントとの距離がどう変わっていくのか、ケント自身もどう変化するのか、というのがプレイしてとても楽しめました。
私感ですが、スチルの崩れが一番少ないように思います。人によっては立ち絵の顎が気になるかもしれません……。

※以下ネタバレあり
ケントも大体の他キャラと同じく、「記憶喪失前に恋仲だった」パターンなのですが、他キャラは上手く行きそうだったところで記憶喪失になったのに比べ、ケントは「衝突してばかりで上手く行かない恋人同士」の状態で記憶喪失になるんです。
記憶喪失前の主人公は、商業乙女ゲームの中ではやや気の強い方、といった印象を受けます。そんな主人公と、合理の名の下に感情を蔑ろにしがちなケントはまさに犬猿の仲。ケントに言いくるめられて付き合うことになっても、喧嘩ばかりしていました。
それが主人公の記憶喪失によりケントの持っている感情、合理だけじゃない考え方などが見えてきて、だんだん上手くいくようになります。「主人公の記憶が戻ったらまた嫌われるんじゃないか?」という恐怖と、主人公を助けてあげたい、という気持ちの間で葛藤に揺れる姿はかなり萌えました。
また、オリオンの存在を受け止めてくれるのは全キャラ中彼だけです。最初はキツい性格と感じるかもですが、主人公を好きなことがかなり分かりやすい方のキャラなので安心してプレイできます。

 

イッキルート

わたしは女たらしキャラが非常に苦手なので4キャラ中一番後回しにしましたが、思った以上に良かったです。ただBADのタイトルが怖いので彼とウキョウはBADとノーマルを回収してません……。
甘さはしっかりありますが、「本当にイッキを恋人として信頼できるのか?」どうか分かるのが他キャラと比べて遅く、そこが謎を生み出していて、シナリオも良くできていました。
谷山紀章さんの演じ方がキャラクターにまさにぴったりで驚きました。優しく品が良く、それでいて色気のあるイッキをまんま声で表現されています。
スチルは所々寄り目が気になりますが、おおむね美麗です。キスシーンや密着も多く、必要なシーンにきちんと挿入されていると感じました。

※以下ネタバレあり
イッキの態度から本当に主人公を好きなことは伝わってくるのですが、彼が「あと〜日しかないのに……」と言うのが別れへのタイムリミットに聞こえてしまい、なかなか彼を信用できないために記憶喪失を打ち明けられない、というのがこのルートのミソだと思います。まさか同棲するか決める期限だとはわからなかったので、私はふつうにビビってました。
イッキは体質から友人ができないことに苦労していましたが、彼のルートでのケントは友人としてかなりいい味を出してました。わたしは童貞厨なのでこの世界線のケントには彼女がいたことがあるのか……ってショック受けましたけど(?)
エンドは正直あんまり納得いってないです。イッキがファンクラブの動向にあまりに鈍すぎるし、処罰の方法も甘すぎると感じました。てか処罰になってね〜〜〜!私が彼女なら一生近づくなボケナスって言っちゃう〜!!!

 

ウキョウルート

彼のルートに入る前にみんな一度は彼に殺されてると思うんですが()、設定もかなり想像していたものとは違って新鮮に楽しめました。ハッピーエンドがしんどすぎてとてもBADやノーマルを回収する気になれませんでした……。
こちらは良い意味でシンと接し方が対になっています。色んなキャラと仲良くするところはシンルートと一緒ですが、シンと違いウキョウは一線を引いて接することを要求します。キャラクターの登場具合や話のまとまり方としても、最後にふさわしいキャラ、シナリオだと思いました。
スチルはなんと!彼だけキスシーンが一枚しかないです!笑
が、その一枚はかなり綺麗ですし、全体を通して必要な部分にはきちんとありました。

※以下ネタバレあり
彼が一般的にヤンデレと呼ばれるキャラと明確に一線を画す点は「正気のままでいる」点だと思います。彼は正気のまま主人公のために死に続けると言う行動を選び、正気であるがゆえに死を恐れて人格が分割し、また正気のままの自分がいるために、その行動を嘆きまた別の世界へ移動する。本当に、今まで知るどんなキャラクターともタイプが違うと感じました。
特に、本来のウキョウはあまり気が強い方ではなく、穏やかで非力な青年であることがしっかり描写されているため余計に彼の行動に切なくなりました。
「君を誰より……そう、俺自身より大切に思ってる」「俺は何度君と出会って、何度君を失ったかもう数え切れないけど、俺は今も、今でも、君を愛してるよ」という台詞全て、本当に文字通りで、何度も何度も読み返しました。
また、アムネシアを特徴ある乙女ゲームたらしめているのもウキョウルートだと思います。通常乙女ゲームは複数エンドがあってもそれらはパラレルな出来事であり、繋がっていないのですが(そしてウキョウルートに入るまでそれはアムネも同様ですが)、ウキョウの「主人公が8/25まで生きていることを見届けるため、さまざまな世界線を移動していた」という設定により、アムネシアという大きな括りの中でパラレルルートは全て共存していたということが分かります。主人公がシンと付き合ってたのも、ケントと付き合ってたのも、ウキョウにとって(ひいてはプレイヤー側にとって)全て真実である、という点が非常に良かったです。
そして攻略制限により、全員と付き合ってからでないとウキョウルートに入れない、というのは結構残酷だな……と思いました。笑

 

まとめ

個人的なランキングだと、
シナリオ:シン>ケント=ウキョウ>イッキ>トーマ
(全員のキャラクター像がしっかり分かり、恋愛要素とサスペンス要素を両立させているシンルートが一番。記憶喪失を上手く活かしたケントルートと、一人のキャラクターの性格や行動理念を丁寧に描写したウキョウルートが二番。不完全燃焼感が否めず、糖度も低めだったトーマルートは微妙なのでイッキルートが三番、といった感じです)

好きなキャラ:ウキョウ=ケント>トーマ>シン>イッキ
(完全に好みの問題です!!ウキョウはシナリオで惚れ、理系男子が好きなのでテンプレなケントと二人で同率一位。兄属性には弱いのでトーマが3位。年下だけどガツガツ来るし頭も切れるシンが4位です。ただ本当に全員魅力的なキャラクターでした)

以下は2018年10月現在、プレイしてみての蛇足というか個人的に思うことというかそんな感じです。
囚われのパルマ然り、Makes〜私のセイ〜然り、ここ数年爆発的に売れる乙女向け作品というのは主人公という個性ある1人の像を通さないで、直にプレイヤーがキャラと触れ合える、という特徴があります。アムネシアは2012年の作品ですが、主人公は記憶喪失で個性が抜け落ちているために、「ほぼ終盤まで選択肢以外一言も発さず、思考もウィンドウに出てこない」というのは、かなり時代を先取りしていて驚きました。だからこそ、記憶が戻り普通の乙女ゲーム形式に戻ったときはちょっと戸惑いましたが……。
最近は夢女子という言葉が広がり、乙女ゲームをやらない夢女子というのもスタンダードになってきました(個人的にこの傾向が大きくなったのはうたプリか黒バスからかな?と思っています)。そんな中でもアムネシアは、上記の造りのためにかなりやりやすい部類だと思います。


私はスマホでプレイしたんですが、これで2800円はお得の極みなので全人類購入推奨です(^-^)♡
欲を言うとニルアドとBAWがスマホでできるようになってほしいです……!お願いオトメイト〜〜!