浅知恵を絞る

主にフリー乙女ゲームの感想をのっけてます。

「うそつき」 架谷野家の薔薇薔薇  感想

f:id:sugitani:20160219203641j:plain

タイトル:架谷野家の薔薇薔薇

作者:ラシ様

配布サイト:http://isaraza.moo.jp/kayano/index.html

時間:3~4時間

 

※流血表現が結構ドギツイのでお気をつけください。

 

お久しぶりです。今回はいさら座様の「架谷野家の薔薇薔薇」をプレイさせていただきました。いさら座様のゲームは「ギャグとシリアスの温度差」、「登場人物のぶっ飛び加減」が非常に特徴的ですが今回も全開おなかいっぱいでした!

まず攻略対象についてですが、「吸血鬼」「狼男」の二名です。お兄ちゃんと弟はめちゃくちゃ出ますが攻略できません。というか、(ネタバレにつき反転)ほとんどのエンドで死んでしまいます。さらに言うと「ママ」が非常に頻繁に推される為純粋に恋愛を楽しみたい方にはオススメできません。

 はじめは公式サイトの明るさと同様に進んでいきます。「とりあえず適当に~」って進めていった結果、最初はED2に到達しました。以下容赦なくネタバレの嵐なので反転

まずお兄ちゃんのしていること、スチルにガツンと衝撃を受けます。次に謎のハッピーエンドが進み「えっ?」とひたすら首をかしげたのですが一気に現実に引き戻されました。さっきまでのローズがいなくなってました。正直見ててキツイ状態のお部屋と気のふれた吸血鬼、って構図に思わず「ローズ様~!!抱いて~!!!」って叫びかけました。スチルもとんでもなく妖艶で、恐ろしくて、それから最後の後味の悪さ。バニラさんが好み一直線なのでそこはおいしかった。「阿賀太と同じ」っていうのはもしかしなくても薬物か…?とかいう邪推したり。主人公も飲まされてましたし。余裕のない公爵が好きすぎてもう容赦なく死ぬまで吸われたい…。主人公の最期に不覚にもときめきマッスグマ

続いてエンドごとに分かれて感想をつらつら~っと。同じく怒涛のネタバレなので反転です。

 

ED1

 「主人公が一番幸せなエンド」といえばこれになると思います。ローズがヘタレかわいい。
『君が手を差し伸べるなら、僕は最後まで離さない』
公爵にベタ惚れしてしまいます。髪の毛もしゃってしてやりたい。サイトによるとED2が正規エンドらしいのですが、こちらのほうがよっぽど幸せそうです。今までのしがらみをすべて捨ててしまうこと、兄弟とママに対する最低の裏切りともいえます。ここからエンド6の真相に分岐しますので、あとから見るとまた印象が違いました。

ED3

 「弟」または「兄」から見た場合に不幸なエンド。ただし家族全滅はしてないと考えたらまだマシ…?最後に出るスチルの絶望感が半端じゃありません。ED1の派生に近い終わり方です。お薬ガンギマリお兄ちゃん最高にイカしてますね。

ED4

 『どんなに遠く離れたって、忠犬は主人を忘れたりはしませんから』
ある意味ED1より幸せ?な終わり方かもしれません。狼男……ではなく、架谷野家の使用人であるルルと添い遂げるエンド。これからのことに一杯不安はあるけれど、二人で幸せになるビジョンが見えるようなスチル。と、思いきやルル、おまえ何やその足…!予想できてましたけどね!兄弟もママもそう簡単に逃がすわけないしね!
ママに詰問されるシーンでは心臓が止まるかと思いました。

ED5

 ED4が「失敗」してしまったバージョンです。カタをつけることに失敗したルルと見るも無残な姿に成り果てた家族。こうして考えるとお兄ちゃんはわりと生存率高めですかね…?最後の不穏なスチルから結末が容易にわかるのも残酷でした。あのあと主人公も後を追って死にそうだなと思ったり。

ED6

 ED1~5を見終えたあと、ED1に入ることで見られる真相ルートです。以下に概要をざっと。
ローズに連れられて飛び立つ主人公。その姿を帰宅しようとしていた阿賀太の回想から真実がつづられ、まず冒頭の手紙は誰が書いたのか判明します。体の弱かった母が亡くなり父が後追い自殺。元々あんまり構われなかった為に母に思い入れがなく、父親が大好きで「母の病院に通わなくてよくなったから、ようやくお父さんに構ってもらえる!」と思っていた『末妹』の十里亜は父の亡骸を見てひどくショックを受けます。見るに堪えない妹に、主人公は「お父さんは吸血鬼に殺されたんだ」という嘘をつきました。それが架谷野家を「吸血鬼ハンター」一家にしてしまった原因でした。
父親が死んだ後のお兄ちゃんの気持ちを考えると切なくなりました。残されたのはみんな子供で、家族を守っていけるのは自分しかいないという切迫感と、まだ現実を直視できず悲しみに暮れる弟妹のすれ違いがもどかしい。「もう家族の誰とも離れたくない」という気持ちがこの結果につながったのだと思います。ED1の分岐、というように主人公はこの家を「見捨てて」逃げていますし、手紙は最初のとおり捨てられています。なんていうか救いのなさを実感する、けれど真相がわかって妙にすっきりしたEDでした。

 

 最後に、人を選ぶゲームではありますが絵、シナリオ、キャラクター等々どこをとっても魅力的ですのでぜひ一度プレイしてみてください…!

「最初からクライマックス!!」ゾンビユリコ 感想

タイトル:ゾンビユリコ

作者:萩本創八様、ぬのたか様

配布サイト:http://hk.xii.jp/hagi/

時間:3~4時間ほど

 

乙女ゲーカテゴリに入れておりますがジャンルは「SRPG」、作者様は「男性向け」と書かれておりますが、主人公は(ゾンビだけど)JK、その他もろもろイケメンが出てくるということでこちらでは女性向けに分類しています。

 配布サイト様のほうには残酷表現、グロ等の注意書きがありますがサイトを見て大丈夫だったら問題ないくらいです。むしろ下ネタとギャグ要素が強め。

 

ある日起きたらいきなりゾンビになっていた、記憶喪失の女子高生ユリコ。風変わりな黒騎士と一緒にゾンビを倒して、世界征服を阻止しよう!

……というのがざっくりなシナリオ。絵はちょっぴり不気味ですが中身は明るくシュールな下ネタギャグの宝庫です。ツッコミが追いつきません。

 

以下微妙にネタバレを含みますので反転でお願いいたします。

まずはヴァンの仮面の下にイケメンやんけ!とびっくり、次にシンジくんの気持ち悪さに激萌え、最後にイケメンキャラの真打ロクシーさんの登場でトドメをさされました。

ユリコちゃんのサバサバしていてツッコミ体質な性格も非常にかわいらしくにやにやしました。あとボイン。ボインのおねえさん好き。ユリコちゃんと「ババア!」「貧乳!」と罵り合うくらいには仲良しでほっこり。

また、エンドロール終了後には各キャラがどんな将来を過ごしているのか流れるのも非常によいと思いました。ユリコちゃん、それ料理の専門学校ちゃう、ネクロマンサー協会や……。個人的にはユリコちゃんはヴァンと結ばれたらいいのになと思ったり。同じ職場ってことは進展あってもよいのでは!

 

難易度ですが、サイト様にあるとおり易しめです。当方RPGを全くやらないので少し苦戦しましたが、少しでもやったことのある人ならちょちょっとクリアできます(全体的に味方キャラが強いので)。

以下微妙なヒントですが、読まなくても本当に倒せるのでどうしても行き詰った方向け。

一番の関門は3章のとあるキャラクターを倒すときだと思います。主人公とシンジが1ターンで殺される可能性大なので、他のキャラをすべて殺したあと弓でジワジワ削るかカロリーで攻撃してください。あるいは倒さなくても進めるので先に拠点を乗っ取るのもアリです。

4章はザコキャラがワンサカ出てきますがすべて倒す必要はまったくありません。むしろ武器の使用回数が削れて後半ジリ貧になるのでひたすら前に進みましょう。5章が超サックリ仕様なのでレベリング等考えなくて大丈夫です。

 

男女問わずとにかく楽しめる作品ですので、ぜひプレイしてみてください。

「来世は焼肉」世界の終わりと焼肉定食。 感想

タイトル:世界の終わりと焼肉定食。

作者:すみの様

配布サイト:http://smy.o0o0.jp/gm

時間:20分くらい

 

※18歳未満プレイ禁止ゲームです

 

最近なにもかにもうまくいかない私は、
ふらふらと近所の廃屋に来ていた。 (配布サイト様より引用)

 

配布サイト様の注意書きを見ればわかるとおり、非常に人を選ぶゲームです。一本道ですが結末は後味がよくありません。R18ですがまともに致してる部分というのはないです。猟奇的表現のほうです。

攻略対象の名前は出てきません。見た目は結構ファンキーだけどかわいい(やってることはえげつない)。主人公は個性控えめですので感情移入もしやすい……ような。表現が非常にリアルで読んでいてしんどくなります、少年怖い。

プレイ後にはタイトルの意味がよく分かると思います。主人公の狂い具合、少年にまた食べてもらいたいと思うようになっていく過程がとても恐ろしいです。記憶に爪あとを残す、でももう一度読み返したくなるような作品でした。

 

「季節に恋をする」おいでませ冬 感想

タイトル:おいでませ冬

作者:もろみ様

配布サイト:http://forgetmenot.hanagasumi.net/top.html

(閉鎖予定とのことです)

時間:40分ほどでフルコン

 

ワスレナグサ様のほうにて配布されているゲームは気になっていたのですが、時間がなくDLしてそれきりでした。久々にサイトに伺ったところ閉鎖されてしまうとのことでしたので、攻略に詰まる前にやってしまおう…!と思い立ちプレイしました。

 

 

アパートで独り暮らしをする、
何の変哲も無い女子大生の私。
ある晩秋の日、アパートの自室に戻ると
ベランダに男の子が倒れていた。(配布サイト様より引用)

 

プレイを終えて、絵の綺麗さにももちろん見惚れたのですが、何より驚いたのは言葉の美しさでした。その場面にぴったりあてはまる言葉で物語が書かれていて、とてもほっこりしました。玄冬くんの飾らない態度や言葉もきゅんとする要素が詰まっていて、さくっとやるには十分すぎる満足感です。 少年の玄冬くんもカッコイイ寄りの顔立ちで好みですが、エンドAの終盤で出てくる大人玄冬くんに完全にノックアウトされました。イケメンすぎます。スチルもさることながらおまけのイラストが萌えの塊ですので、ぜひベストエンドを狙ってがんばってみてください。

 

攻略は、配布サイト様のほうにて攻略ヒントが掲載されておりますのでそちらをご覧ください。そちらなくなってしまいましたら、こちらに答えを載せる予定です。

それは また どのように?  感想

f:id:sugitani:20160124192506p:plain

タイトル:それは また どのように?

作者:ぬのたか様

配布サイト:http://affermazione.opal.ne.jp/

時間:5分~10分ですべての反応が見られます

 

スクリーンショットが掲載可能かどうか、又文章の引用可否などが配布サイト様のほうに書かれていないためぼんやりした感想になってしまいますが以下に。

ぬのたか様のゲームはすべて独特な世界観があって、絵も個性的です(私は色使いと綺麗なドット絵がとても好きです)。今回もキャラクターは細かめのドット絵です。エンディングは一種類ですが、そこに至るまでに質問を繰り返し、相手の反応を見るのがとても心地よいです。

 

 なぜなら 単一だからです(ゲーム内より)

 話の内容は上記の一言に尽きます。彼は単一であり、こちら側は多種多様であり、そこに大きな隔たりがあることがキーポイントのようです。配布サイト様にもあるとおり攻略キャラクターは単一な「液体」です。ちょっと何言ってるかわからないと思いますが、プレイすれば納得しますのでぜひ…!

「任侠息子と課金ガチャ」サンクコストバイアス 感想

f:id:sugitani:20160124115148g:plain

タイトル:サンクコストバイアス

作者:八色いんこ様

配布サイト:http://cocoon.daa.jp

時間:フルコンで30分ほど

 

苦学生の主人公は、学費を稼ぐためアルバイト三昧の生活を送っていた。
ある日クラスメイトから高収入のアルバイトを持ちかけられ、二つ返事で引き受けるが……?(配布サイトより引用)

 

八色いんこ様のゲームはどれも絵がきれいでゲーム画面も凝っていて、キャラ全員に個性があるのですが今回も安定の面白さでした。

 

f:id:sugitani:20160124120834p:plain

↑ゲーム画面

 

 主人公の天音伊桜里ちゃん(名前のみ変換可)はちょっと天然な普通のJKといった感じです。天然といってもあざとい感じはしないので、非常に好みのタイプでした。

攻略対象の蛇原顕彦くんは男子高校生らしからぬ男前さ、冷静さです。こっちもめっちゃタイプ。黒髪+ロン毛で見た目からドツボでしたが中身も最高でした。ヤクザの息子でお金持ちのため、主人公をお金で釣り上げようと画策します。しかも結構計画がブラック。冷静沈着な中に年頃らしい一面を見せるところが萌えポイント…!

 

キャラクターの魅力も語りつくせませんが、内容に移ります。ズバリタイトルのとおり「課金ガチャ」です(※フリーゲームです)。蛇原くんのお金でジャブジャブガチャが回せちゃいます。ガチャで出てくるキャラクターも、八色いんこ様のゲーム好きさんならにやっとしてしまうやつばかり!前作で好きだったあのキャラもこのキャラもかわいくデフォルメされてます。

攻略も簡単ですのでぜひぜひプレイしてみてください。

「使用人×お嬢様」愛と誠 感想

f:id:sugitani:20160124095817j:plain

 

タイトル:愛と誠

作者:もしの様

配布サイト:http://sanmika.web.fc2.com/

時間:ゆっくりやって15分

 

 相子はわけあって山奥の別邸で、世話係の白滝とともに暮らしている。と、いうよりも軟禁されている。なんの事件も起きない平淡な毎日に嫌気が差した相子は、ほんのいたずら心から白滝の留守中に、彼の部屋に侵入するも、そこで彼のとんでもない秘密を知ることになり……(配布サイト様より引用)

 

f:id:sugitani:20160124235745p:plain

↑ゲーム画面

 

選択肢により多少反応は変わりますが、一本道のノベルゲームです。出てくるキャラクターは主人公の相子とお相手の白滝のみ。

白滝はあんまり表情が変わったりしないクールな男の子です。が、やってることは結構すごい。相子を嫁にいかせないために、という理由でついている嘘だとさらりと書かれていますが、その為に白滝はいろいろなものを犠牲にしていると思います。そのあたりの葛藤を勝手に想像してにやけておりました。最後はハッピーエンドで締めくくられていてホッとします(けどこの先どうするんだろう…?)。

まだおまけが解放できていないので気合入れます。